【グラブル】マキュラ・マリウス討伐戦!(対策用)



 マルチバトル『マキュラ・マリウス討伐戦』を対策用としてまとめようと思います。


 マキュラ・マリウス討伐戦は、アウギュステ列島で出現するマルチバトルで、難易度としてはリヴァイアサン・マグナ討伐戦の次の段階といえる強さです。自発で挑戦する場合は、アクア・ジーン50個、または青竜鱗6個のどちらかを消費する必要があります。


 ではマキュラ・マリウス討伐戦の対策用として使ってくる技をまとめていきます。

ca08a511877ebc8f0be97e44505b6f1f[1].png


マキュラ・マリウスのチャージターン(CT)は3。

 ・「アイスライズシャフト」…戦闘開始1ターン目に使ってくる技。味方全体に水属性攻撃、毎ターンHP減少の弱体効果。マキュラ・マリウスに幻影効果。

その後、CT最大時の技は、

 ★「シュネーランドシャフト」…味方全体に青の楔効果(この間は味方の攻撃が敵のHPに吸収されるが、敵の水属性攻撃を受けてもダメージがゼロになる状態)。

 ・「フリーレン・アルプ・トラウム」…水属性の多段攻撃。味方の奥義ゲージ15%減少。

 ・「氷星の煌杖」…オーバードライブ時。全体に水属性攻撃、奥義封印効果。

 ・「シュネーランドシャフト」…オーバードライブ時。通常時とは違い、味方に全体攻撃、氷結効果。マキュラ・マリウスに攻撃アップ効果。


注)マキュラ・マリウスの幻影、攻撃アップなどをディスペルを使って消去してしまうと・・・

 ★「シュネーランドシャフト」が発動。内容は通常時のCT技と同じで青の楔効果。


マキュラ・マリウスのHPトリガーは、

 ・HP50%以降CT2に。

 ★氷星の煌杖HP5%以下で発動。味方全体に大ダメージの水属性攻撃。



 以上がマキュラ・マリウスの技です。弱体効果が多め。


 1ターン目のアイスライズシャフト、オーバードライブ時の氷結効果は毎ターン味方のHPが減少していきます。

 そして青の楔効果も厄介で、この状態は味方の被ダメをゼロにできますが敵への攻撃は全部敵のHPに吸収されてしまうので、マキュラ・マリウスが大幅に回復してしまうことも。

 氷結や青の楔を放置すると攻略に支障が出たり戦闘が長引いてしまうので、マウントで対策するか、クリアで対処しましょう。


 さらに、マキュラ・マリウスの幻影や攻撃アップディスペル消してしまうとそれがトリガーになり青の楔が飛んでつかきます。

 幻影効果は召喚石などで全体攻撃をすると無くなるのでそっちで消し、マキュラ・マリウスの攻撃アップは消しても消さなくてもあまりダメージは気にならないので放置でいいと思います。ディスペルは使わないようにするのがおすすめ。


 最後、マキュラ・マリウスHP5%時の氷星の煌杖は壊滅級の大ダメージなので、火力で押し切れない場合はダメージカットは必須。



 マキュラ・マリウス戦の対策としてはこんな感じです。弱体効果が多いので、ここを対策できればわりと攻略しやすいほうかなと思います。



 マキュラ・マリウス討伐戦で狙うドロップアイテムは、マキュラ・マリウスのアニママキュラ・マリウスのマグナアニマオールド・オベロン(マグナ編成用武器)オベロン(通常武器)が目玉アイテムです。

 マキュラ・マリウスのアニマ、マキュラ・マリウスのマグナアニマはジ・オーダー・グランデ戦自発用の素材など、必要になる場面がいくつかあるので、しっかり集めておきましょう。


 マキュラ・マリウスが落とすマグナ編成用のオールド・オベロン、通常武器のオベロンは優秀なスキルが多く、おすすめの武器になりますが、目指す編成によっては全く必要ない場合もあるので、おすすめ度は低くもなく高くもなくといった武器。また別でまとめてみようと思います。



 簡単にですがマキュラ・マリウス討伐戦について対策用にまとめてみました。ほかのマルチバトルもまとめていこうと思います。



この記事へのコメント