【グラブル】手持ちの光属性SSRキャラを評価してみる(最終上限解放キャラ編)



 光有利古戦場も開催目前!


 ということで、手持ちの光属性SSRキャラクターを見直すのも兼ねて、まずは最終上限解放が実装されているキャラを自分なりに評価していこうと思います。

 ここで評価していないキャラクターは、所持していない、ということなのでそう思ってください。(/・ω・)/


 最終上限解放済のキャラ評価ということで、Lv100まで育てた状態での評価をしていきます。


 以前、武器を★で3段階で評価しましたが、キャラクターは★5段階で評価してみます(あくまで個人的な評価です)。



では、見ていきます!




 d527b35bf2efd02399c62c76a1980a84[1].png


 1人目、『ジャンヌダルク』! 評価:★★★★・



ジャンヌの役割としては、

 ・敵の防御攻撃ダウン(片面枠)

 ・味方の攻撃アップ

 ・自分に2ターンの確定トリプルアタック+ストレングス



 ジャンヌはグラブルの戦闘に必要なまさに基本となるアビリティをしっかり持っていて、シンプルにまとまっているキャラクター。

 アビの効果がわかりやすく強力でシンプルなのが強みですが、武器や他のキャラが揃ってきたら後半は編成から外れてくることも。得意武器が槍のみというのも、剣得意が多い光属性では合わせづらいところ。

 持っているアビリティ自体は効果量も高くキャラクターとしても強力で、初心者~中盤あたりまでは不動のスタメンでしたが、最近はシンプルであるがゆえに出番が減ってきています。が、評価は高め。




 4b8cc7b53671367bb4682ff022fa6dbc[1].png


 2人目、『アーミラ』! 評価:★★★・・



アーミラの役割は、

 ・味方全体の連撃率と奥義ゲージ上昇量アップ

 ・半神半魔状態になり、戦闘力増加



 1アビの味方の連撃アップ、奥義ゲージアップが強力。特に光のマグナ編成では連撃アップ系の装備がほとんどないので、これのおかげで戦闘中の味方の動きが良くなります。

 半神半魔アーミラの攻防アップ、確定連撃、闇属性追撃、弱体無効、稀にカウンターとかなり強力。奥義の飛び蹴りがまた超カッコいい!

 2アビをうまく使えば1ターン目から半神半魔状態にもなれますし、変身中も疑似的なウェポンバーストのような使い方も出来るので、使い勝手がいい。

 ただ、戦闘中は1アビの味方連撃支援がメインともいえるので、強力な通常攻撃を連発できる編成でなければ少し物足りなく感じることも。

 評価★3つですが、個人的に今は光属性は斧・格闘編成をメインにしているので、現在アーミラはスタメンとして活躍中。




 491299d7b279f2c88567f6dfdce9ce45[1].png


 3人目、『サルナーン』! 評価:★★★・・



サルナーンの役割は、

 ・味方の光属性攻撃アップ

 ・2ターンの闇属性70%ダメージカット

 ・ブレイクキープ、スロウ

 ・味方全体のHP回復



 主に強敵相手の長期戦、耐久戦で非常に活躍してくれる防御寄りのキャラ。アビリティ全てが長期戦に有効。

 最終実装で4アビも追加されていて、サルナーンの他のアビリティが全て即時使用可能になるというかなり強烈な効果。

 逆に短期、中期戦やそんなに苦戦しない敵相手では編成しても活躍する機会がほとんどないので、普段の評価は低め。

 対強敵戦ではサルナーンはめちゃくちゃ大活躍してくれるので、長期戦などでは評価は★4~5といってもいいキャラクター。ソロなどではよく編成に入れています。(アヌビスHLにソロで挑んだ時はお世話になりました)




 8e22424a199da38be28ded2d0a5e1619[1].png


 4人目、十天衆『ソーン』! 評価:★★★★★☆☆☆☆☆



 ソーンの役割としては敵弱体役麻痺役ですが、最終上限解放した十天衆は破格すぎて評価も上限解放しました。

 ソーンと言えばチートともいえる麻痺と、麻痺も含む敵の弱体効果を90秒延長する4アビ1ターンの間敵の攻撃を完全回避、そして奥義効果の味方全体4ターン確定クリティカル倍率50%の破格というか最強の強化効果を持っています。

 麻痺が全く効かない敵だったとしても関係なく強いので、やはり最終十天衆。最強キャラの1人です。




 手持ちの最終済み光SSRキャラは以上です。結構メインで使うことが多いアルベールは、最終の発表があったけど実装はいつになるのやら。。。もう光有利古戦場が始まってしまう。

 キャラを再評価するきっかけにもなるので、他の手持ちのキャラクターもまた今後評価していこうと思います。






         


この記事へのコメント