【グラブル】手持ちの光属性SSRキャラを評価してみる(未最終、通常キャラ編 その1)



 では、光属性SSRキャラクターを評価していきます。


 前回は手持ちの最終上限解放が実装されている光属性キャラをまとめたので、今回は最終上限解放がまだ実装されていないキャラをまとめていこうと思います。

 一気にはまとめられないので、未最終キャラ編 その1 ということで数回に分けていきます。


 今回も個人的なキャラ評価として、★のマークを5段階でつけていこうと思います。(あくまでも個人的な評価です)



 745d3ec1c217117b8d9848b0e99d2f10[1].png


 『レ・フィーエ』 評価:★★・・・



 光レ・フィーエの役割…


 ・回避カウンター(かばう無し、3回)、奥義効果で味方全体に幻影1回

 ・敵の光属性防御ダウン

 ・5ターンの活性効果



 アビリティやステータスなど、全体的に効果量もそこまで高くなく控えめな印象。回復も5ターン活性なので少し物足りない。

 中期戦などで回復などのサポートがほしい場合に少し活躍しそうかな。今のところメインに編成しても活躍してくれる場面があまり思いつかない。。



 017ff47ca19dc5716da31cd5482e16cb[1].png


 『フェリ』 評価:★★★・・



 フェリの役割…


 ・4ターンの間味方全体確定TA、光属性追撃効果

 ・味方全体、奥義ダメージと奥義ダメージ上限アップ



 3アビのヒン・リヒテンは、4ターンの確定TA、光属性追撃効果と超強力ですが、味方全員の奥義ゲージを100%消費しないと発動しないのと、発動した場合ゲージが貯まらなくなるショート効果が付くので、準備がいろいろと必要。(ショートはクリアで消去可能)

 4ターン追撃確定TAから2アビで奥義強化フルチェインの流れは非常に強力ですが、行動を制限されるような弱体効果を敵から付与されると途中で流れが止まってしまうこともあり、使いどころが難しい。

 フェリは他にはない強力なアビリティを持っていますが、扱いが難しく準備やタイミングを合わせることも必要ということもあり、評価は少し低め。使いこなせれば強力なキャラ。



 adf33817a6c649f1b93e2b2ca01b30cd[1].png


 『クラリス』 評価:★★★★・



 光クラリスの役割…


 ・奥義ダメージと奥義上限をアップさせ特大ダメージ

 ・敵の光属性防御ダウン(追加で闇属性攻撃ダウン)

 ・ディスペル(追加で味方の与ダメージアップ)



 バレンタインバージョンも新たに実装されたクラリス(バレンタインクラリスは闇属性)。1アビで300万前後の特大奥義ダメージを放つことができ、非常に強力。ただし特大奥義時は防御が大幅に下がり敵対心も上がるので、ここは注意が必要。

 アビリティを最大限活用するには存在崩壊という特殊効果をそれぞれ1つ消費しないといけないですが、クラリスが奥義を撃つことで存在崩壊が2追加されるので、扱いもそこまで難しくない。

 アビリティがどれも強力で便利ですが、もともとうたれ弱いキャラなので落ちやすい。特大奥義を狙っていければ定期的に高い瞬間火力が出せて、ディスペルや敵弱体も出来る器用なキャラなので結構おすすめ!



 d4f4e3409bb94515ca0981a8a5771497[1].png


 『サンダルフォン』(配布キャラ) 評価:★★★★・



 サンダルフォンの役割…

 ・5回のカウンター(回避ではなく被ダメージで発動)

 ・自身を回復、連撃率アップ

 ・味方全体のクリティカル確率、与ダメージ上昇



 「どうして空は蒼いのか  partⅡ」が光有利古戦場後に復刻されるということで、イベントで加入するサンダルフォンも評価。

 サンダルフォンの強化効果は控えめですが、どれも便利な効果ばかり。ダメージアビリティは威力が高め。

 ターン開始時に確率で弱体効果を1つ回復1度だけ戦闘不能にならずHP1で耐える、というサポートアビリティを持ち、自己回復もあるので生存率は高く、戦闘で粘ることができる。

 シンプルなバランスのいいキャラなので尖った強さは特にないものの、剣得意ということもあり編成に合わせやすく、短期戦、長期戦問わずなかなか活躍してくれる扱いやすいキャラ。ガチャからは出てこないので、光有利古戦場後の復刻イベントで手に入れましょう。




 ということで、所持している未最終の光SSRキャラ評価その1でした。3~4人のペースでまた評価していこうと思います!








この記事へのコメント