【グラブル】グラニ討伐戦と武器の評価!



 マルチバトル、『グラニ討伐戦』HPトリガー対策用と、グラニがドロップする武器について簡単にまとめておこうと思います。


 グラニはアウギュステ列島で出現。自発で挑む場合は「アクア・ジーン」50個「青竜鱗」6個のどちらかが必要になります。


 グラニはマキュラ・マリウス討伐戦の次の段階といえる難易度のマルチバトル。



 cef000b1046069ae63d5cf98b5d8b787[1].png



グラニのHPトリガー技…


 ・HP50%『ヴァルク』…水属性ランダム多段攻撃、味方全体に麻痺効果、味方全体奥義ゲージ+25%。


 ・HP10%『神速の輝弓』味方全体に水属性攻撃(大ダメージ)、攻撃力ダウン、味方全体の奥義ダメージアップ、グラニのTA確率アップ。



 グラニのHPトリガー技は50%時と10%時のみ。それとなぜか味方の奥義方面の支援を敵のグラニがしてくれます。

 オーバードライブ前、通常時の「ケーラットゥド・コルム」というCT技は味方単体にアビリティ封印と暗闇をかけてくるので厄介。HPトリガー技でも麻痺や攻撃ダウンといった弱体効果を付与してくるので、できればマウントで対策しておきたい。

 HP10%時のトリガー技はダメージカットがない状態で受けると壊滅級の大ダメージなので注意が必要。



 グラニから狙うドロップアイテムは、


 「グラニのアニマ」

 「グラニのマグナアニマ」

 「ヴィルヘルム」

 「シグルズの弓」


 このあたりが狙い目。


 では、グラニのプライマル武器を★3段階で評価していきます。



 2fc2e0afcdc1067c7405697f37fdcf7c[1].png



 『ヴィルヘルム』(水属性武器、格闘) 評価:★★★


 スキル1、「霧氷の暴君」…水属性キャラの攻撃力上昇(大)、水属性キャラの最大HP-10%

 スキル2、「渦潮の技巧」…水属性キャラのクリティカル確率上昇(中)



 最大HP-10%のデメリットがあるものの、攻刃(大)、クリティカル(中)の非常に強力なスキルを持った武器。

 奥義効果に4ターン味方全体TA率アップもあるので、メイン武器としてもかなり優秀。デメリット分をほかで補える場合は複数本装備もあり。



 e91360f70642ca4ba6b48f236ceb6b04[1].png



 『シグルズの弓』(水属性武器、弓) 評価:★★★


 スキル1、「先制の氷刃」…バトル開始から8ターンの間水属性キャラの攻撃力上昇

 スキル2、「霧氷の攻刃」…水属性キャラの攻撃力上昇(中)、武器レベル120で攻刃(大)に変化



 4凸して武器レベル120以降はシグルズの弓だけで攻刃(大)の効果が2つ発動するので、8ターンの間だけは水属性武器の中でも最強レベルの攻撃力上昇効果を持つ武器。

 「先制の氷刃」のスキルは複数装備しても1本分しか効果は発動しないのと、ヴァルナの加護効果は適用外なので、1本完成させておくだけでいいです。短期戦で装備すると非常に優秀な武器。



 以上、グラニ討伐戦の簡単な対策とグラニ武器評価でした!




この記事へのコメント